トワイライトタートル – プラネタリウムのように穏やかな星空

トワイライトタートル – プラネタリウムのように穏やかな星空

トワイライトタートルは、プラネタリウムのように穏やかな星空をお部屋の天井に映し出すことができます。

  • お部屋を星空にすることができるスタープロジェクター:3種類の色(グリーン・ブルー・アンバー)
  • 8種類の星座(オリオン座、りゅう座、こぐま座、おおいぬ座、ケフェウス座、ペガスス座、ふたご座、おおぐま座)
  • 45分間で自動的に電源が切れます。
  • 音楽はありません。

睡眠とトワイライトタートルについて

睡眠は誰にとっても重要です。

特に小さな赤ちゃんにとっては、ただ休むだけではなく、健やかな発育のために大切な役割をしています。睡眠不足は、判断力、記憶力、表現力、集中力、心のバランス、体の発育に影響します。幼児までの子供は1日に13時間から18時間の睡眠を必要としています。その後も10歳ぐらいまで10〜11時間の睡眠が必要です。
長い間お母さんの体内にいた赤ちゃんは、生まれて4.5〜6か月くらいまでは、まだ自分から眠りにつくための体内時計が働いていないため、睡眠のリズムを少しずつ練習し、眠りにつく習慣をつけることが必要です。欧米では、「トイレトレーニング」をするように、「おねんねトレーニング」を大切にしています。「おねんねトレーニング」をすることで、赤ちゃんは睡眠の習慣を身ににつけることができ、ご家族も赤ちゃんと一緒に正しい生活のリズムと質のよい睡眠を保つことができます。 夜の睡眠と同じようにお昼寝もまた重要な睡眠です。乳幼児にとっては、お昼寝が睡眠の基礎ともなります。お昼寝によりその日に消費しているエネルギーを充足し、よりよい夜の睡眠へと導きます。トワイライトタートルは、赤ちゃんの眠る時間に関わらずお使いいただけます。
 

眠りにつくための生活習慣をつけていきます。

お食事やお昼寝、寝かしつけなど、一日のスケジュールを大まかに決めます。生活リズムを整えていくことにより、体内時計が働き始め、赤ちゃんが眠りにつきやすくなっていきます。睡眠時間が大人より多く必要な赤ちゃんは夜の7時から8時に寝かしつけてあげるのが理想的とされています。もちろん、生活環境によりフレキシブルに行ってください。
寝る前の30分くらいをふれあいの時間にすると、赤ちゃんが安心します。この時にトワイライト・タートルを近くにおいてあげると、より一層に親しみを感じることができます。その後、おねんねの準備ができたら、スイッチを入れてください。

トワイライトタートルは、プラネタリウムのように穏やかな星空をお部屋の天井に映し出すことができます。

  • お部屋を星空にすることができるスタープロジェクター:3種類の色(グリーン・ブルー・アンバー)
  • 8種類の星座(オリオン座、りゅう座、こぐま座、おおいぬ座、ケフェウス座、ペガスス座、ふたご座、おおぐま座)
  • 45分間で自動的に電源が切れます。
  • 音楽はありません。

赤ちゃんは、それぞれ個性があり生活習慣も違いますので、焦らず無理のないよう赤ちゃんの様子をみながら少しずつ始めてください。最初は、赤ちゃんが戸惑うこともありますが、トワイライト・タートルの光があることを習慣化することにより、トワイライト・タートルをつけると赤ちゃんが自分で眠りにつくことを覚えていくことができます。

より質の良い睡眠が得られるように光が自動的に切れるタイマーがついていますので、深い睡眠を妨害することはありません。

トワイライト・タートルは、約100カ国の子供たちが愛用しています。ヨーロッパでは特に人気です。赤ちゃんだけではなく、小学校のお子様、大人の方でも幅広い年齢に親しまれています。

それでは、トワイライト・タートルとのおねんねトレーニングを始めましょう。